桜も散り花見の季節も過ぎ、 春休みも終わりNetatic People Network(略してネタピ)のメンバの本分である大学の講義がスタートしてしまいました。 つまりそれはネタピのサイト構築が更に遅れる事を意味します。 思い起こせば2月終盤、私がサイトデザインを作る気になったのも時間があったからこそ。 これからはそれぞれ授業や実験やバイトやらで忙しくなり、ネタピなど忘れてしまうかもしれません。 春休み中に正式スタート出来なかったのは致命的な失策といえます。 まだ人目に触れる段階にすら達していないサイト。 これからメンバの心の中で住処を追われ片隅に追いやられ そして消えていってしまうのでしょうか。嗚呼。

しかしそれは考え方を変えると無用な心配と言い切れます。むしろ此の事態はチャンスなのです。 何故なら、人は自分の許容量を超える負荷を受けたとき、 「ああ、やらなきゃ」という自制心を振り切って「現実逃避」なる物を始めます。 その現実逃避の凄まじさはかの武田騎馬隊のよう。まさに風林火山。 その現実が遠のく速度の疾き事風の如く、 次々逃避ネタが用意されるその様の徐かなる事林の如し。 残り少ない時間を掠める事火の如く、 でも「ああ、やらなきゃ」という自制心の動かざる事山の如し。 そう、現実逃避中でも自制心は根強く残っているのです。 しかし中途半端に自制心が残ってるがために逃避行を楽しむことができず、 楽しみ切れないがためにさらなる逃避行へと旅立ってしまうのです。 ここで私から思い切り現実からの逃避を楽しむコツをお教えしましょう。 それは現実を一旦完全に忘れるという事です。 つまり、現実逃避という自らを窮地に追い込む行為をする以上は、 それを精一杯楽しまないといけない、という事です。 そう何事にも一生懸命であるべきなのです。 そう、それこそがっていうか何の話でしたっけ?

えーとつまりは、現実逃避的に作業を進めていく予定っていうかその筈ですので、 よろしくお願いします、って事で。

以上、現実逃避でした。あああバイトせな。