Soliloquy

【 2003/1 】

* (1/01)
* (1/10)
* (1/19)
* (1/21)
* (1/26)

* 2003/01/01 (水) 【 】

新年あけましておめでとうございます。

皆様はどのような正月をお過ごしでしょうか? 様々な過ごし方が考えられますが、やはり王道は「寝正月」でしょう。 いえ、一応私は寝正月にならない様に心がけたいとは思っているのですが、 普段の生活リズムで過ごすだけで寝正月になるのでどうしようも無いのです。 今日の様に初日の出を拝もうと早起きなどしよう物なら、 昼前に力つきて夕方まで就寝してしまう事になります。 そしてその時に初夢を見たのですが、あまり覚えていないのが残念でなりません。 断片的過ぎて何なのか分からない記憶の破片の中に、 「途中でちょっと無理のあるアクションシーンが入った」という記憶が混じっているのがより一層謎を深めます。 あの蹴りで3人まとめて吹っ飛ぶのはちょっと不自然でした。 それはともかく、ほとんど思い出せないので非常にもどかしい気持ちで一杯です。 何の話だったのか、誰か知りませんか? いや、知ってる人が居ても怖いんですが。

では、今年もNetatic People Networkをどうぞよろしくお願い致します。

[ ]

* 2003/1/10 (金) 【 】

「おい今年の汚れッ!私は、おまえ達を、決して来年に残さない…ッ!」
と、一方的に宣戦を布告した年末大掃除の降伏調印も早々に済ませ、さっさと済ませる予定だった実験レポートには手も出せず、むしろ年賀状すら途中で切り上げてそれでも予定より1日遅れで帰還した昨年。京都で作成し、実家で宛名と文面を書き、隣町で投函という謎の年賀状。夕方に掃除した蛍光灯の傘が夜中に落ちてきて、大晦日に電気屋に来てもらったものの在庫がとりあえずなくてそのまま年を越したあの年末からはや十日余り。すでに講義も再会していますが、皆さんはどのようなお正月をお過ごしになられましたか?私は正月の1日から家族行事の傍ら神社にも行かず草津線の初乗りをしてまで友人に会いに行っておりました。

「初〜」「〜初め」、年が変わっただけなのに新年1回目にやることには何か特別な意味があるような気がしてしまうのは、どうも性なのでしょうか。ぐるちょ氏の初夢から遡ること数時間前、私も初夢を見ておりました。ぐるちょ氏同様内容は全く覚えていません、が、やたら時間に追われてテンパってる夢でした、…新年早々。こういう夢を見ると、例えば初夢にその年1年を占うほどの意味があると言われても信じたくありませんね。
実のところ、そこから数日、まともな夢を見ていません。2つめの夢は忘れました。3つめの夢はなぜかネズミに曲芸をさせてる夢でした、未年なのに。そして、昼食後の昼寝で夕飯を食べる夢を見て、起きたときには本当に夕飯だったときにはわりと暗澹たる気持ちに、…新年早々。

しかし、ここは新年、心機一転して持ち直すにはいい機会です。「一年の計は元旦にあり」とも言いますし、何か今年の目標を立ててみるのもいいかも知れません。
さて、「目標」と言うからには実現の見通しが立たなくてはいけません。実現するわけもない目標は「目標」ではなく「夢」。とはいえあっさり達成できてしまうようなものでは目標としての価値も今ひとつ、難しいところです。
私の今年の目標は、…まぁ言わないでおきましょう。ただし、すでにしてダダ崩れの様相を呈しかけています。見通しがかなりズサンだったようです。七草粥にしてからが2日遅れだしなぁ、しかも生協食堂で。

それでは、今年一年がよい年でありますように。
…神社くらい行っとくんだったかな。

[ ]

* 2003/1/19 (日) 【 】

そうそう、昨日今日と、センター試験が行われているんですね。大学は前日準備とかで金曜日から休講、「センター試験実施のため、本学関係者以外の立ち入りを禁止する」そんなこんなで迂闊にキャンパスには入れず、突然調べたい化合物がでてきても調べることもままなりませんが、皆様いかがお過ごしですか。受験生の皆さんは、今結構なプレッシャーと闘っておられることと思います。受験生の家庭教師をしている大学生の皆さん方も、似たような状況なのでしょうか。

思い起こせば数年前、私もこうやって試験を受けてきた身なのですね。
「成人式、どうする?」
「…センター前だしなぁ。」
一浪時代、予備校の自習室でこの会話を耳に挟んで、何とかこの年で受かってやろうと決意を固めたことを思い出しました。

「成人式」これを済ませてから数年になります。故郷では中学校が町に1つきりだったので、成人式を行うとなると必然的に中学校の同窓会になります。中学校時代の先生方もいらっしゃいますし。そして、町長の挨拶、町民憲章、町の歌なんやかや…、と例年通りの成人式が行われる、と。そういえば今年から町長が代わったのでした、どんな挨拶になっているのでしょう。本当に小さい町なので、みんな知り合い、気軽な感じです。何しろ、新成人全員に額縁付き成人証書がプレゼントできてしまうくらい人数が少ないのです。
そんなみんなも進路は様々、大学行ってる人、写真家目指してる人、働いてる人、結婚した人、家業を継ぐべく実家の電気店の制服を着ている人etc...普段自分が大学という周りに似たような立場の人しかいない空間で暮らしていた分、新鮮な感じがしたのを覚えています。

あれから数年、もちろん学生としてそこそこきちんとやっているつもりではありますが、暮らしの面では親に頼りっぱなしで、どうも「成人」というラベルと今の自分の状況の差が多少もどかしくもあります。まぁこんなこと感じているあたり私はまだまだで、一歩踏み出した人はそんなことを感じる暇などなく道を切り開くのに奔走しておいでなのでしょう。
新成人の皆さん、成人おめでとうございます。そして、なるべく早く「成人」の意味、なすべきことに気付いて、一歩踏み出してください。これは自戒を込めた言葉ではありますが。

…とりあえず、試験勉強しないと。配属が厳しくなってしまう。

[ ]

* 2003/1/21 (火) 【 】

 …今年度の実験レポートが全て終了しました。あとはこれをきちんと提出すれば、「留」への直結回線は回避できるはずです。あとは配属で有利になるように、なるべく試験でいい点を取るだけ。しかしそれが難題。学生の皆さん、そろそろいろんな追い込みに入ってらっしゃるのではありませんか?風邪などおひきになられませんように。

 この間の実験の後片付けのときに、「白衣を着てモップをふるう」というわりと楽しいことをしてしまいましたが、その時あらためて疑問に思ったことがあります。
 「これ、本当にきれいになってるの?」

 「とても汚いところは、ある程度きれいになるが、そこそこきれいなところは逆に汚れが広がって汚くなる」というのが、ダスキンはともかく、ノーマルモップについての今のところの私の結論です。
 高校時代の校舎はかなり古く、油拭きの木の床で、掃除にはモップを使っておりました。土足で歩くこともあってかなりどろどろで、そんなところではモップがけをするときれいになる感じがしますが、今回の実験室のように樹脂の床で特に砂が上がってる感じもないところではあんまり、というか埃やゴミが水で床にへばりついてしまって逆に汚くなる感じです。正直、箒とかダスキンとかで掃除した方がきれいな気がするんですが…。

 とはいえそこは実験室、下手をすると濃硫酸とか水酸化ナトリウム水溶液とかがこぼれていたりするわけです。そんなもの箒で取れるわけもなく、ダスキンのように乾拭きをしたら拭くものの方がぼろぼろになってしまいます。で、水拭き、つまりモップということになるのですね。ですがしかしそこはやはり実験室、塩化アルミニウムとか、迂闊に水を浴びせると危ないものがこぼれていたりもするんですね。まぁ、酸塩基は大量の水で何とかしてしまえば何とかなりそうな気もするんですが。そんなこんなでモップがけ、洗えば黒い水がでてくるほどモップは汚れます。

 でも床は全然きれいになったように見えないんですよね…。

[ ]

* 2003/1/26 (日) 【 】

 試験期間が始まりました。レポートが書き上がったら、その明後日が試験。切羽詰まってます。むしろ倒されにかかってる感じすらあります。立て直したいのですが次から次に襲いかかってくるので対処のしようがありません。ってなこと言いながら原稿を書いているのはどうかと思います。でもこんなときほど何でもないことが起こってそれをネタにしたくなるんですよね。
 というわけで、先週起こったこと。

1.チェーン断裂
 講義最終日です。いつものような遅刻タイミングよりちょっと早くキャンパスへと自転車をこいでいた時のことです。足元から異音が、「ぱきっ」。直後ペダルがひっかかって動かなく。見てみると、チェーンのプレートが一枚割れてました。ちょうどその部分だけスプロケットとかみ合わなくなっていたんです。仕方がないので途中から歩いてキャンパスへ、いつものごとく5分遅刻。
 帰り、割れた部分がスプロケットにかからなければ駆動できる、ということまで判ったところで帰路に。1週こいで1週戻す、…なんてLocomotiveな。そして戻し忘れてチェーンが外れたり、戻しすぎてチェーンが外れたり。何とか自転車屋まで連れて行きました。
 かれこれ3年ほど乗ったシティサイクルです。あちこち錆びてます。特にチェーンがひどくて、最近は結構外れやすくなっていました。しょうがないので交換。錆び錆びの車体の中でそこだけ黒光りしている新チェーン。わりと見た目変な自転車に仕上がりました。
 …オーバーホールしてもらおうかな。多分中古買った方が安価いけど、ものは大切にするべきですよね。

2.金縛り
 私の人生の公式記録の中では、初です。金縛りに遭いました、試験前夜。
 …楽しかったです。
 「金縛り」というのは一応メカニズムらしきものが解明されていて、実は夢の一種なんだそうです。つまり、床につき、普通に眠りに入らずにあまりに浅いところでうろうろしているうちに、自分視点で寝床に入ってる夢を見るんです。で、寝る直前に見ていた光景ですから相当リアルに見えて、頭では起きてるときと区別が付かない、でも寝てるから身体の方はリンクしないで、結果、体が動かない=金縛り、ということになるらしいです。で、もちろん夢ですから、おかしい、体動かん、怖い、とか思い出すと、自分の上に何かが乗っかってこっちを恨めしそうに見てたりするんですよね。
 「今金縛りにあってめっちゃ苦しかったのに、何で助けてくれへんかったん!?」
 「…え、普通に寝てるだけやと思ってたけど?」
 こんな会話が成立するのも道理です。
 でもまぁ、原理がわかっているから、特段怖くも苦しくもないんですよね。何が現れるかちょっと楽しみだったんですけど、別に何も出てきませんでした。
 …なんていうか、私は夢の中で起き出してご飯食べて歯磨きして髭を剃るところまでくらいはできてしまったり、複数階層にわたる夢を見たり(つまり、夢を見た夢を見た夢を見た…)、おまけにその夢の中で、「あ〜、また違う次元に起きてしまった、気色悪…。」とかぼやいて寝直したり(夢の中で)できてしまう、という第三者が確かめようのない特技?を持っていますので、むしろ金縛りの方が症状が軽いと言えるのかも知れませんが。
 皆さんは、これは夢だ、と認識しながら夢を見ることってありますか?

あ、それから、これ。
鉄道人身事故への対応について
 …世相を反映してそうなのが恐ろしいところです。
 皆さんは、覚えていらっしゃると思いますが、年末、相当人身事故が起こって、JR止まりっ放しでしたよね。そういうわけで対策が打たれるのですが、この打たれる対策の中身が。私は、列車待ちで暇なときはわりとホームの端まで歩いてみたりするんですが、これからは迂闊にこんな事もできなくなりそうです。駅員さんが駆けつけてくれたりするかも。それにしても、JR西日本のこの対策は、自衛策なんでしょうか、社会貢献なんでしょうか。
 未然防止も大事ですが、起こってしまった後に、例えば米原〜姫路が全部止まるんじゃなくて、京都で折り返しとか、大阪で折り返しとか、そういうシステムを検討してもいいのでは、とか思ってみたりもしてみたり。いや、決して人の命を軽く言うつもりはありませんけれど、全体的な損失は少しは減るかな、と。
 …何にせよ、「飛び込み」が起こらないのが一番良いんですけどね。こういうことが起こらないように、何とか世の中が早く明るくなってほしいものです。

 …あぁあ、また時間が。私の状況も暗くなってきた。

参考文献:朝日新聞1/23付朝刊

[ ]

*迷変換
 足元から異音が→足元からイオンが:
 …冷え性が治りそうです(not化学的発言)。

≪2002/12 | 2003/1≫
[ 2002 ] [ 2003 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ] [ 2004 ]
[ SOLILOQUY INDEX ] [ LATEST SOLILOQUIES ]