Soliloquy

【 2005/4 】

* (4/2)
* (4/12)

* 2005/4/2 (土) 【 】

敬称略からの応答がありません。ビジー状態か、入力待ちか、または停止しています。

…いや、ビジー状態なだけです。お願いですからそこで強制終了とかしないでください。皆様、お久しぶりです。知らないうちに暖かくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は、きれいさっぱり、ビジー状態です。

かれこれ丸一月はたちますか。3月は本当に忙しかった気がします。複数の重要タスクが重なったがためにいろんなところでテンパる始末。もし私にIntelが入っていたら…、こんな状況を歌にしてしまったりするんでしょうね。追加で要らん作業はできるけれども、肝心の作業は大して進まない、そういう意味ですよね?あのCMは。

例年ならば3月末の学会発表が終わって一息吐けている頃なのですが、今年は就職活動を行っておりましていまだに稼働率が100%です。それでも100%越えだった3月末に比べれば幾分ましな感じで、このようにビジーメッセージも出せるわけですね。『すみません、年度内には何とかッ…』とおっしゃっていたぐるちょ氏も同様の状況なのでしょう。今までに溜まっている記事はいずれ執筆させていただくことにしますので、もう少しお待ちいただければ光栄です。

…まあこれがコンピュータなら容赦ない[Ctrl]+[Alt]+[Del]の一撃の類が降りかかってくるわけなのですが。

[ ]

* 2005/4/12 (火) 【 】

皆様、ご無沙汰しておりました。突然暑いくらい暖かかったり、かと思えば普通に寒かったりと、平均すれば気持ちよさそうな気候が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。新年度が始まって、入学式やら入社式やらの諸々のことが一巡したころでしょうか。かくいう私はようやくこのように執筆できる状況に持ち込んだところです。春休みって何ですか。

そう言いつつも、一段落着いたところで、故郷に帰ってきました。観よう観ようと思って毎年忘れてしまう『故郷のダム湖の桜』を観るのが主な目的です。

が、数輪しか咲いてない。

大阪や京都といった都市圏で満開な時期だったのでそこそこ咲いているかと思ったのですが、故郷の桜には早すぎたようです。ちょうど今週末あたりが盛りでしょうか。見事に外した、隣町は満開なのに。

とはいえ、久しぶりの故郷はこれでもかというくらいに緑に溢れていました。あれだけの緑色な景色は本当に久しぶりのような気がします。安らぎます。このあたり私は紛れも無い田舎人なのでしょうか。まぁ所々、というかほぼ全域にわたって花粉の色に染まった木々達でしたが。帰りがけに寄った『道の駅』は想像以上に栄えていて驚きでした。おまけに中学校時代までの同級生がそこの店員をしていてさらに驚きでした。なるほど、そういう暮らしもあるなぁ、と妙に感心してみたり。短い帰省でしたが、なかなかいい気分転換でした。大自然のエネルギーをだいぶ補充したような気がします。

そんなわけで、一月前からの原稿がこれから徐々に執筆されていく予定です。しかし順に書いていては単に一月遅れで回るだけなので現在の原稿も普通に書くことにいたしましょう。ちょうど変化の大きいこの時期、たった一月振り返るだけでそこには全く違う生活があって、置き忘れてきた何かがそこにあるかもしれません。そんな意味を込めた、年度替りの過去ログキャンペーンです。

…と言ってみたところで結局は単に執筆が遅れていただけなんですけどね、すいません。

[ ]
≪2005/3 | 2005/4≫
[ 2004 ] [ 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ] [ 2006 ]
[ SOLILOQUY INDEX ] [ LATEST SOLILOQUIES ]