Soliloquy

【 2006/8 】

* (8/15)
* (8/27)

* 2006/8/15 (火) 【 】

こ、
こ…、
こ……、
擦った…ッ!!

さて、世間はお盆、終戦記念日。どこかの首相が「どうせいつ行っても文句言われるんだから今日行く」と拗ねた子供みたいな論理を振り回している今日、皆様いかがお過ごしでしょうか。ちゃんと実家でお盆行事などされているのでしょうか、といってもこの習慣は仏教だけですか。私も実家に帰ってお盆行事です。そして…

車擦りました。
車庫入れで。
夢にまで見たあのシチュエーションで。
左の後ろの方を。

いや本当に最近地味に自動車に乗る機会がいくつかありまして。と言ってもまだ車を持ってない私が乗るのは実家の車で、その度毎に運転下手だな危ないなと思ってはいたのですが。

本当に。乗る機会が増えて慣れてきたからか、それとも普段乗らないからか、ここ数回は運転中に視覚から得られる情報が地味に少ない気がしてなりませんでした。加えて疲労が溜まっていたつい最近のあの日、人生で初めての居眠り運転も体験しましたし。いや、一瞬だけですよ?普段なら道路に沿うように走るはずが道路から外れそうになったら修正する、という走りに。あの時はもう二度とやるかと思いました。もうちょっとだから頑張る、とか考えてはいけませんね、運転は。

そんな感じで運転に対して微妙だった今日、車庫入れ。
10cm単位の精度を出すことが出来ませんでした。
車体に響く「コリッ」ていう音。
コンクリート片の付いた真新しい傷。
すいませんお祖父さん (所有者) すいません pulser (車)。

車も凹むが私も凹む、以後、気をつけましょう。

[ ]

* 2006/8/27 (日) 【 】

大阪は…
遠い。

残暑厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか。世間の小中高生と小学生のお父様方は夏休みの追い込みをなされているであろうこの8月26から27日にかけ、NTMが開催されました。会場は唯一の学生マンションという比類ない自由度を誇るぐるちょ亭です。

…というわけで、ぐるちょ亭に向かうのですが。
ぐるちょ亭、遠。
いやまぁ要はこれはこの春から私の住まいが変わったせいなのですが。30分に1本の電車に乗り遅れて30分待ち、その次の電車で20分くらいかけてちょっと大きい駅に出、あまりの接続の良さに特急に乗れず (特急券買う時間が無い)、30分遅らせるついでに私もお給金が出てる身だからと差し入れを買い、やってきた特急に40分くらい乗り、乗り換えのためだけに存在するかのような駅でまた特急に乗りかえ1時間数十分を過ごし、さらに地下鉄、私鉄、手原駅的存在と散々に乗り継いでぐるちょ亭にたどり着きます。片道4000円強、もちろん日はとうの昔に暮れています。

さて、地元のスーパーもそろそろ閉店かという時間にぐるちょ亭にたどり着いたところ、なにやらコンビーフとジャガイモの細切りを炒めたものと共に、今回のメンバーであるAI氏、ぐるちょ氏、こあ。氏の3名でNTMが始まっておりました。さしあたり1杯のビールと共に久闊を辞した後、ぐるちょ氏は追加物資の買出しに。向かった店は消滅していたと。ご近所状況把握能力地元民一歩手前レベルです。

今回のNTM、こちらとしてはあまりネタを仕込んでいかなかったのですが、ぐるちょ亭にはホストの心意気で豊富にネタが用意されておりました。主に頑張りが間違った方向に発揮されている現地土産たちです。ビール蕎麦は普通でした、残念。北海道から運ばれてきたというキャラメルたちも一つを除いては普通でした。

問題はその一つ、「ジンギスカンキャラメル」。
何でしょう、糖質しかないはずなのにこの脂っこさは。この脂っこさなのにこの甘ったるい歯ごたえは。そしてさらに残念なことに特に笑みが長続きするわけでもない。

仕方が無いのでまったりと過ごします。ライチ酢酒も特にどこにも届かず。しかし、「酢のお酒はこうあるべきだ」 という理念に基づいて調合し直された結果、強烈な米酢臭が漂うビネガードリンクに仕上がりました。

しばらくしたところで、ろい氏に電話をかけて呼びつけてみます。この真夜中に。寝込んでいたところに。割と酷い扱われようです。そして忘れたころに登場、片手にはとりあえず手近にあったのかデビルソース。ふたを触った指を舐めるだけで十分ひりひりするやつ。その意気やよし、というか、こんな時間に呼び出してすみません。

そんなこんなで、ひたすらまったりと過ごします。途中で呑んだチューハイからはどうしてもホームセンターの芳香剤売り場しかイメージできなかったり、イライラするSTGが行われていたり、各々変な姿勢で寝たり、エコノミークラス症候群の危険性を感じたり、ぐるちょ氏の旅行写真を見たり。

そんな時間が流れる中、ついに今回最もネタティックな食品が現れました。いや、NTMの始めからあるにはあったのですが、ここに来てようやくその存在感が圧倒的に。

その食品 「向日葵の種」
ぐるちょ氏の中国土産。真心食品 (truelovefoods.com) 謹製。というかその英訳はどうかと思うが、どうか。パッケージから察するに、ド真面目にTVCMとかやってそうですが、一体どんなのを。ちなみに中身は至って普通の向日葵の種です。

ただ一点、量を除いては。

本当に、食べても食べても。ちなみによくある大食い食堂のような初撃のインパクトや満腹によるギブアップが無い辺り、新たなジャンルだと言えましょう。ひたすら時間がかかる。
1. 殻にひびを入れる
2. 殻をむく
3. 中を食す (時々入っていない)
4. 殻を捨てる
一つの種にこれだけのステップがかかります。どんなに早くても4秒、そりゃリスも大変だわって話です。そしてなんだこの残量は、NTM閉会に間に合いません。というわけで、ひたすら向日葵の消費にかかります。

次第に会話が減り、ただ向日葵の種を割る音だけが部屋の中に。

そして中間計量、慄然。
昨夜から食べているのにまだ残り半分近く。

さらに向日葵の種を割り続ける音だけが部屋に。
席を離れようとするものには容赦ない叱責が。

そして第2回中間計量、愕然。
よせばいいのに推定残り時間算出。2時間30分。

そしてまた、向日葵の種を…。

もはやここまできたら意地です。残りが燃えるゴミとかありえません。ここまで来たのだからとどめを刺してこそ。もはや殻を割って中身が入っていない方がラッキーとか、爪が痛いとか、お菓子の域を逸脱する事態になっています。恐るべきtruelovefoods。愛はこれの何処に。

そして数十分後、幸いなことに予想より早く完食。皆一様に若干の疲労感を漂わせつつぐるちょ亭を辞去。私も数時間の帰途に。

今回のNTM、従来の、味や満腹をさらに超える量といったインパクトではなく、時間で攻めるというジャンルがあることが新たに明らかとなりました。しかしながらこのジャンルは、かかる時間といい、疲労感といい、多用するのは好ましくない自虐ネタといえましょう。

ちなみにこの向日葵の種、キャンペーン期間中に付き、1/4000の確率で、

…もう一袋当たるそうです。いりません。

[ ]
≪2006/7 | 2006/8≫
[ 2005 ] [ 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ] [ 2007 ]
[ SOLILOQUY INDEX ] [ LATEST SOLILOQUIES ]